「事業復活支援金」の事前確認&サポート窓口開設のお知らせ

「事業復活支援金」は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、対象月の売上が30%以上減少した中小法人・個人事業者等の方むけの制度です。

【申請期間】
2022年1月31日(月)~5月31日(火)
※申請は1月31日(月)15時以降より開始予定
※事前確認は1月27日(木)より開始予定

【受給要件】
①新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者
②2021年11月~2022年3月のいずれかの月(対象月)の売上高が、
2018年11月~2021年3月の間の任意の同じ月(基準月)の売上高と比較して
50%以上又は30%以上50%未満減少した事業者

【給付額】
中小法人等:上限最大250万円 個人事業者等:上限最大50万円
給付額の計算:基準期間の売上高-対象月の売上高×5ヶ月分
※年間の売上高によって給付条件に違いがあるので詳しくは事務局ホームページをご確認ください。

【申請の流れ】
①アカウントの申請・登録(申請ID発番)
②登録確認機関にて事前確認を受ける
③事前確認完了後、マイページにて必要書類の添付並びに必要事項の入力等を行い、事務局に申請
※一時支援金または月次支援金を受給された方:事前確認は不要です。
 ※申請は電子申請のみとなっています。

【事前確認用の書類準備】
①本人確認書類/履歴事項証明書(中小法人等のみ)
②収受日付印の付いた、以下の期間分の確定申告書の控え
・中小法人等:2019年11月、2020年11月、基準期間を含む全ての事業年度
・個人事業者等:2019年、2020年、基準期間を含む全ての年分
③2018年11月から対象月までの各月の帳簿書類(売上台帳、請求書、領収書等)
④2018年11月以降の全ての事業の取引を記録している通帳
⑤代表者又は個人事業者等本人が自署した「宣誓・同意書」
※登録確認機関と「継続支援関係」にあたる方:事前確認を簡略化できます。⑤のみ準備してください。

【保存書類】
2018年11月から対象月までの、確定申告書類の裏付けとなる
帳簿書類(売上台帳、経費台帳、請求書、領収書など)および通帳を保存してください。
※保存書類については申請時には必要ありませんが、申請後に提出を求められる場合があるので7年間保存してください。

事務局ホームページ:https://jigyou-fukkatsu.go.jp/index.html
お問い合わせ先:0120-789-140(8:30~19:00 土日、祝日含む全日対応)

伊達商工会議所では下記の日程で事前確認&申請のサポート窓口を開設いたします。

【期  間】2022年1月31日(月)~5月31日(火)平日:9:30~16:00まで
 ※事前確認のみ希望の方は1月27日(木)から受け付けます。
【場  所】伊達商工会議所(伊達市旭町24番地)
【申し込み】電話による完全予約制とさせていただきます。
【問合せ先】0142-23-2222 伊達商工会議所/経営支援課

○注意
※事前確認を受ける方は事前にIDの発行をお願いします。(事務局より発行可能)
 メールアドレスを持っていない方などIDの発行が難しい方はご相談ください。
※事前確認は会員・非会員問わず行いますが、申請サポートは会員のみとさせていただきます。
※事前確認はあくまで営業実態と制度理解の確認を行うものであり、申請や採択を担保するものではありません。申請を予定されている方は必ずホームページなどを見て制度内容や申請要件を確認してください。
※申請サポートを希望される方は申請に1時間程度かかりますのでお時間に余裕を持って来てください。(完全予約制)

その他のお知らせ

More