新年のご挨拶 伊達商工会議所 会頭 菅 俊治

新年のご挨拶

令和3年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのことと存じます。
また、平素より当商工会議所活動に多大なるご支援、ご協力をいただいておりますことに対しまして厚くお礼を申し上げます。
令和元年11月1日の臨時議員総会におきまして、伊達商工会議所第11代会頭を拝命し1年が経過いたしましたが、今改めましてその重責と多忙さを痛感しておりますとともに、会員企業の皆様のご繁栄と地域経済の発展を目指し、これからも努力を惜しまない所存でございます。
 さて、会頭就任時、「全国的に経済は緩やかな回復傾向」と言われておりましたが、新型コロナウイルスという未知のウイルスにより状況は一変いたしました。北海道におきましても緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛、事業所の休業要請、様々なイベントが中止となり、経済への打撃は著しい状況となりました。
このことは伊達市も例外ではなく、人口減少、人手不足、店舗減少による地域の疲弊等々、山積みとなっていた課題に追い打ちをかけるかのように新型コロナウイルスの影響を受けました。
そのような状況の中で伊達市及び当商工会議所は、「伊達市新型コロナウイルス感染症緊急経済対策実行委員会」を立ち上げました。「がんばる事業者応援金」をはじめ、「だてのまち応援券」、また伊達飲食店組合の協力を得て実施した「テイクアウト&デリバリー事業」、「タクシーデリバリー事業」、さらには市内のホテル・旅館と連携し実施した「だてめぐり宿泊キャンペーン」等々、様々な支援策に取り組んで参りました。
我々商工会議所は地域経済のリーダーとして会員企業を支え、地域を守らなければなりません。間もなく「だてのまち応援券・第2弾!!」が始まります。先ずは感染症の拡大をしっかりと抑え、いち早くこの状況が終息に向かうことを祈りつつ、「地域経済の活性化」と「中小企業の活力強化」、これらの目標を実現させるためにも、今一度基本に立ち返り、会員企業の皆様に寄り添った支援、伴走型支援の実践に努めて参ります。
結びに、令和2年は新型コロナウイルス感染拡大という未曽有の災害に見舞われた1年でありましたが、皆様のご支援に心より感謝いたしますとともに、本年が伊達市にとりましてよき一年になりますよう、また、新型コロナウイルスの終息を心から祈りつつ、会員企業の皆様の更なるご繁栄をご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

伊達商工会議所 会頭 菅 俊治

その他のお知らせ

More