おしらせ

雇用保険の適用拡大等について

 平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者についても、「高年齢被保険者」として雇用保険の適用の対象となります。
(平成28年12月末までは、「高年齢継続被保険者」となっている場合を除き適用除外です。)
◆雇用保険の適用要件
 1週間の所定労働時間が20時間以上であり、雇入れ時における雇用見込みが31日以上であること。
◆雇用保険の適用例
 1.平成29年1月1日以降に新たに65歳以上の労働者を雇用した場合
【現 行】適用除外
【改正後】雇用した日から適用対象となるので、管轄のハローワークに「資格取得届」を翌月10日まで届出が必要。
 2.平成28年12月末までに雇用した65歳以上の者を平成29年1月1日以降も雇用する場合
【現 行】適用除外
【改正後】平成29年1月1日より適用対象となるので、管轄のハローワークに「資格取得届」の届出が必要。
※提出期限は、平成29年3月31日までの特例あり
 3.高年齢継続被保険者である労働者を平成29年1月1日以降も継続して雇用する場合
【現 行】離職日まで高年齢継続被保険者
【改正後】平成29年1月1日より高年齢継続被保険者となる
※自動的に高年齢被保険者となるので「資格取得届」の届出は不要
◆満65歳となる年度以降の雇用保険料
【現 行】保険料の徴収を免除
【改正後】徴収免除を廃止し、原則徴収。経過措置として、平成31年度末まで免除。
◆改正内容についてご不明な点がありましたら、当会議所またはハローワークまでお問い合わせください。

FACEBOOKコメント