おしらせ

簿記検定

簿記検定
簿記とは、企業規模の大小や業種、業態を問わずに日々の経営活動を記録・計算・整理して経営成績と財政状態を明らかにする技能です。  
簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきます。 また、簿記 ( 1級 ~ 3級 ) は厚生労働省の 「 YES-プログラム 」 における 「 資格 」 に選定されており、加えて多くの大学・短大等で推薦入試の基準や単位認定の対象としても利用されております。

検定試験情報はこちら

1級 … 税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門。簿記1級合格者は、税理士試験の受験資格が得られます。大学レベルの商業簿記、工業簿記、原価計算並びに会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。

2級 … 高校レベルの商業簿記および工業簿記 ( 初歩的な原価計算を含む ) を修得している。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握。相手の経営状況がわかり株式会社の経営管理に役立つ。

3級 … 財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。

初級 … 簿記入門。小規模小売店の経理に役立つ。勘定科目に仕訳でき、複式簿記の仕組みを理解している。
詳しくは… 商工会議所の検定試験 簿記のページをご覧下さい。